筋肉や骨の歪み

子供を診察する

整骨院で交通事故治療を行う場合、交通事故によってゆがんだ骨格や筋肉の調整を行うことが一般的です。

歪んでしまった骨格を矯正することにより、交通事故後の症状の改善につながります。
骨を正常な位置に戻すことにより、神経の働きが正常に戻り、交感神経や副交感神経の働きが活発になり、回復が早くなります。

交通事故後、整骨院に通うのがつらいお客様に対して、在宅治療を行っている整骨院も中にはあります。

自分の症状に応じて、様々な交通事故治療の方法を選ぶのがよいでしょう。

ホームページの活用

受付

代表的なむちうちの種類を説明していきます。

■バレーリュー症候群
事故の衝撃により首を損傷した場合、首の交感神経が事故による刺激で、異常があらわれることがあります。
首には、椎骨動脈という脊髄に血液を送り出すために大切な役割を果たす器官があります。また、そこから頭部へつながっている脳底動脈に悪影響が生じたことにより、様々な症状が現れます。
ここでよくみられる症状として、頭痛、めまいや耳鳴り、目のかすみや視力の低下、片側の顔の痛み、疲労感、後頭部や首、肩の痛みなどがあります。

交通事故治療による後遺症には、国から定めされた等級があります。第1級から第14級までの等級があります。
等級により、交通事故の加害者から慰謝料が下りることがあります。

交通事故治療の対応や優良な整骨院を紹介しているホームページも、中にはあります。

交通事故後の対応をどうすればいいかわからない場合は、このようなホームページを活用するとよいでしょう。

むちうちとは

包帯

交通事故による後遺症として多いのが、むちうちです。
むちうちとは、交通事故による衝撃を身体が受け止めることができず、首の根本や骨、筋肉に何らかの影響が出ます。
首の組織に損傷が生じ、身体に様々な影響があらわれます。
事故による衝撃によって、表に出てくる症状も変わってきます。事故後すぐに症状が出る人もいれば、しばらくしてから症状が表に出てくる人もいます。

むちうちには、様々な種類があります。ここでは、有名なむちうちの種類を説明していきます。このような症状が出た場合は、交通事故治療を行う整骨院にて、早めに施術を受けた方がyいでしょう。

■頚椎捻挫型
この頚椎捻挫型が、むち打ちによる損傷の中で一番多いとされております。全体に占める割合は、70%から80%となります。
主な症状として、首や首の周辺にある筋肉や胸、背中や筋肉の緊張や張りがあげられます。
首を動かしたり押されたりすると痛むこともあります。腕や手、指がだるくなる、しびれて力が入りにくくなることもあります。
頭痛やめまい、吐き気といった症状が現れることもあります。